薄着になるとスタイルの見えやすい服も多くなるので、ぽっこりお腹だと気になりますよね
 
体重はキープしていて、全体的には細いのになぜか下腹部だけぽっこり出てしまっている方も多いですよね(´`:)

ぽっこりお腹の原因はいろいろですが、大腰筋をうまく働かせていないこともそのひとつです
大腰筋とは、背骨と大腿骨をつなぐ筋肉です
image

体の表面ではなく、腰付近の背中の内側にある「深部筋(インナーマッスル)」のひとつ。大腰筋は背骨を自然なS字形に保ち正しい姿勢にしたり、骨盤の位置を正常に保ったり、股関節を屈曲させ太ももを上げるなど体を支える中心の筋肉です。

この大腰筋の筋力が弱ると、ぽっこりお腹の原因になります(>_<)
骨盤などを支えている大腰筋が衰えると背骨が前に突き出るので、バランスを取ろうと骨盤が後方に傾いて寝たような状態になり、その骨盤に押されるように内臓が下に垂れ下腹にとどまります
その姿を横から見ると顔は前に出て猫背で、へそから下もぽっこりお腹とゆう残念なスタイルが出来上がるわけです
image

 
 ちなみこのタイプのぽっこりお腹は大腰筋を正しく働かし、内臓を元の位置に戻せば解消します。

とゆうことで、大腰筋を鍛えましょう(*゜▽゜)ノ

 日常生活の中でも大腰筋は鍛えれます

(1)一番簡単で効果的なのは足を高く上げて一段飛ばしで階段登りがおすすめ
 
(2)骨盤を前後に動かすように意識して歩く
大股で1本の線の上を歩くようにすると骨盤が前後に動きます(*´▽`*)
 
(3)立つ時は「気をつけ」のイメージで電車の中で背筋を伸ばし腹を引っ込めて立つだけでも大腰筋は鍛えられますよ♪
 
(4)イスに座るときは、深く腰をかけ背筋を伸ばす→ひざの位置は腰より低く→脚を組む時は、右側を組んだら左側も組む→横座りするときも左右交互にするように☆彡
  

毎日のちょっとした事で、大腰筋は鍛えられますのでぽっこりお腹が気になる人はぜひやってみてください