知らないと損してる可能性大!

ウドズオイルを摂ることで、ダイエットやアンチエイジングに効果が! 健康にも美容にもいいウドズオイルをご紹介します(*´∀`*)ノ

さて今「ウドズオイル」って何?って思ってませんか?
ウドズオイルとは
● 脂肪栄養学の世界的権威、ウド・エラスムス博士が、オメガ3とオメガ6を最適なバランスでブレンドした有機栽培の種子から絞ったオイルです。
● 精製せず、科学的な処理もしない純粋なオイルです。
● 光、熱、酸素を完全に遮断して製造。酸化・劣化を防いでいます。
● 生命維持に不可欠な必須脂肪酸を正しく補給することができます。

つまり「ウドズオイル」は健康維持に必要な必須脂肪酸をちょうど良い割合でブレンドした油です。

「必須脂肪酸」とは[オメガ3][オメガ6][オメガ9]などで、なかでも身体の中でつくれないオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は身体には正反対の働きをします。

【オメガ3の主な作用】
アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張
含まれるもの⇒イワシなどの青魚、鮭、マグロ、ブリ、亜麻仁油、えごま油など

【オメガ6の主な作用】
アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固める
含まれるもの⇒サラダ油、ごま油、紅花油、コーン油など
両者は健康を保つためになくてはならない栄養素ですが、取り過ぎ・偏りがあるのは良くありません。

ちなみに「オメガ9」は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、美肌効果も高い脂肪酸です。
オメガ9は体内で作られていますが、不十分ですので、健康と美容のためには食物からも摂取することをおすすめします。
含まれるもの⇒オリーブオイル、アボカド、アーモンドなど

現在の食生活では「オメガ3」と「オメガ6」の摂取バランスが崩れ、特に「オメガ6」の摂取が過剰な傾向にあります。
かといって 「オメガ3」と「オメガ6」は2:1の比率で摂ることが理想とはいえ、自分でバランスを考えながら摂るのはちょっとむずかしいです

そこでウドズオイルでとっちゃうわけですよ (*´∀`*)ノ

ウドズオイルは摂取の目安として

『1日大さじ1杯かそれ以上(1日あたり体重50ポンドあたり最大大さじ1杯)を食事とともにお摂りください。』

としています。※50ポンド⇒23キログラム
女性だと1日あたり大さじ1~2杯まで食べれるということになります。

ちなみに大さじ1は15mlなので1日にウドズオイルは15~30ml摂取できることになります。

ウドズオイルは加熱はできませんので、調理をオメガ9のオリーブオイルなどにし、その他の油分をウドズオイルで補給するというのが実践しやすいと思いますね。

ウドズオイルは基礎代謝を上げて エネルギー作りを活発にしてカロリー燃焼を助けてくれますので、脂肪が溜まりにくく燃えやすい体づくりをしたい方にもおすすめですし、 中性脂肪や体脂肪に溶け込んでいる有害な化学物質を浄化し、悪玉コレステロール(LDL)や内臓脂肪を減らす効果も期待できます。

また、細胞の細胞膜が良好な状態になり、
体内の水分をしっかり保持してくれるようになるので、肌や髪が潤います。

ウドズオイルはそれ以外にも血液やホルモンバランスにも作用しますから、からだのあらゆる不調を調えてくれます。冷えにお悩みの方なども是非試されてはいかがでしょう。