間もなくやって来る暑い暑い夏。
何の対策もせずに過ごしてしまうと
強烈な「夏バテ」に悩まされることになるかもしれません。

楽しいはずの夏なのに体力がなくてグッタリ……なんてことにならないよう、今のうちからしっかりと準備しておきましょう。

具体的に、夏バテから身を守るための食事方法をご紹介します。




その1 内蔵を温める

夏バテの一番の原因は冷房や冷たい食べ物、飲み物による冷え。
暑い中、冷房を我慢することは熱中症にも繋がってしまうので危険ですが、内蔵の冷えには気を付けたいもの。

夏の始まりから食事のうち必ず1品は温かいものを食べるようにしましょう。
味噌汁や野菜スープ、温かいお茶など液体であればベスト。

アイスの食べ過ぎなどにも気を付けましょう。


その2 お助けアイテムは飲む点滴、甘酒

「甘酒といえば冬……」そう思う方も多いかもしれませんね。ですが甘酒が威力を発揮するのは、実は夏なのです。

江戸時代から、甘酒は夏バテに効果的であるといわれ飲まれていきました。

実は甘酒は「飲む点滴」といわれるほど、ビタミンやアミノ酸が豊富で栄養価が高い飲み物。

冷やした甘酒は夏でものどごし良く美味しく飲めます。食欲がないときなどは、サポート的に飲むと良いでしょう。



その3 炭水化物に頼らない

暑くなってくるとついつい頼りがちなのが、素麺、冷やしうどん、冷やし中華、ざるそばなどの冷たい麺類……。もちろん夏バテの身体でものどごしが良く美味しいのですが、こればかりになるとさらなる夏バテを招きます。

これらは全て炭水化物がメイン。炭水化物はきちんとエネルギーに変わってくれないので、食べ過ぎると疲れやすい状態を招きます。

疲労回復に効果的な『アリシン』は、にんにくやたまねぎ、長ネギやあさつきに含まれています。熱に弱いために生で摂取することが大切なので、麺類などを食べるときには薬味をたっぷりのせて食べるといいですね。

ビタミンB1、ビタミンB2、クエン酸などが豊富な、鰻、梅干し、豚肉、豆腐なども夏バテ防止にオススメの食材です。


大切なのは、暑さに負けて夏の初めから身体を冷やしすぎないこと。

梅雨明けと同時にこれらのことに気を付けながら過ごせば、ひどい夏バテはせずに済むかもしれませんよ!