こんにちは~




今日は、馬肉に含まれている栄養とその効能についてご紹介します。桜肉とも呼ばれる馬肉。



馬肉は、蓄肉のなかでも栄養が高く、高タンパク低脂質と、昔から滋養強壮に優れていることで知られています。


馬肉は、赤身だけでなくタテガミ、霜降り、フタエゴなどがあり、主に馬刺やユッケ、桜鍋、またスモークにしても食べられています。


そんな馬肉に含まれている栄養とその効能についてです!!


馬肉には、良質なタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は、筋肉を作るために必要な栄養とするだけでなく、あらゆる臓器や皮膚・髪などを作るために大切な栄養です。

馬肉は高タンパクで低脂肪の食材です。滋養強壮、疲労回復に優れています。また、馬肉は牛肉豚肉鶏肉と比べても脂質が低いため、筋トレ中の方、ダイエット中の方にもおすすめの食材です。


馬肉は「桜肉」とも呼ばれることがあります。この理由は何でしょうか。

諸説ありますが「肉の色が桜色だったから」他の肉が花札の花で例えられていたから「桜肉」と呼ばれるようになったとか。

また、仏教の考えでは肉を食べることは良くないと考えられていたため、馬肉を桜肉と言い換えて食べていた、という説もあります

いずれの理由にしても、馬肉が「桜肉」として古くから日本で愛されてきたことには間違いありませんね。