今日から3月ですね!


少し暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね(^ω^)



今日は3月の旬の果物、いちごに含まれる栄養価についてお話しします ❤︎


ビタミンC 

コラーゲンの生成を促してシワを、メラニンの生成を抑えてシミをそれぞれ予防する働きがあります。その他にも抗酸化作用が強く生活習慣病やガンの予防も期待されていたり、白血球を活性化させて免疫力を高めたり鉄の吸収を助けるコレステロール値を下げるなどの作用もあります。


葉酸

ビタミンB群の一種で赤血球の生産を助ける造血のビタミンです。また、赤血球の生産を助ける葉酸には血液を促進する働きがあり、貧血対策だけでなく、冷え性対策にもなります。さらにストレスやうつの軽減や脂肪燃焼の効果も期待されているので、多くの人に摂取してもらいたい栄養成分です。


ペクチン

いちごのペクチンは水溶性の食物繊維です。(不溶性食物繊維のペクチンもあります)

ペクチンは血糖値の上昇を抑えたり、疲労回復などの効果が期待されています。食物繊維は腸内環境を改善して便秘を解消する効果があると言われていますが、不溶性の食物繊維ばかり摂取していると便秘が解消しない場合があります。多くの食べ物は不溶性の食物繊維の方が豊富に含まれているので、食物繊維が多い食べ物を摂っているのに便秘が解消しないという方はいちごなどの果物を多く食べることをおすすめします。


カリウム

カリウムは体内の過剰な塩分を外に出す役目があるため、高血圧の予防や改善に効果があると言われてます。またむくみの予防や解消、腎臓の老廃物の排出を助けたり、筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。



普段私も何気なく食べてるいちごですが、こんなにも栄養がたくさんあってびっくりです!


小腹が空いたら、是非いちごを食べてください(*^_^*)