こんばんは!ブランシェ富山店です😊
今日はキムチの栄養価について紹介します。
 

キムチは、「世界五大健康食品」の1つに認定されている、優れた健康食品だそうです✨

キムチは植物性の乳酸菌を含む発酵食品です。ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌よりも丈夫で、より生きたまま腸に届きます。しっかりと発酵した、乳酸菌入りのキムチには、健康や美容にうれしい効果がたくさんあります。 

○代謝アップ
キムチの辛み成分であるカプサイシンには、アドレナリンを分泌する働きがあります。これには、代謝を上げる効果と脂肪を分解する役割があります。脂肪の分解については、あくまでも分解するだけで、使わなければまた脂肪に戻ってしまいます。食べるだけでは脂肪燃焼はあまり期待できず、有酸素運動と合わせることで初めて、分解された脂肪が燃焼されます。

○便秘解消
キムチに含まれる乳酸菌は、「ラクトバチルス」という植物性の乳酸菌です。これは、ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌より胃酸に強く、生きたまま腸に届きやすいと言われています。また、キムチに含まれる白菜などの食物繊維により、腸のぜん動運動が促進され、整腸作用が促されます。

○美肌効果
キムチには、美容のビタミンともいわれる「ビタミンB2」を含むビタミンB群、また、ビタミンC、ビタミンAなどのビタミン類が含まれており、美肌効果が期待できます。また、抗酸化作用のある「βカロテン」も含まれているので、アンチエイジング効果もあります。

乳酸菌は熱に弱く、40度以上の熱を加え続けると死滅してしまいます。キムチの乳酸菌を十分摂取したければ、加熱せずに食べるのがおすすめです。毎日摂取する場合は、1日50gを目安に食べましょう。塩分が多く含まれるため、食べすぎは禁物です🙅‍♀️


みなさんもぜひ毎日の食事に、キムチを取り入れてみてくださいね😌✨